VIO脱毛を行うメリットとデメリット

自己処理の煩わしさから解放されるのはVIO脱毛最大のメリット

VIOカミソリや毛抜きでVIOの処理を経験したことのある人は、何かしらの肌トラブルを起こしたことがある人が多いです。というのもカミソリでアンダーヘアやデリケートゾーン近辺の毛を剃ると、毛が生えてくるときにチクチクしてかゆみの原因になったり、チクチクした毛が下着から飛び出してきたりして不快な思いをしてしまいます。アンダーヘアは濃くて太い毛が多いので、毛抜きを使用していると埋没毛や毛穴の炎症なども起きやすく見た目も美しくない状態になってしまったという人も多いはず。ワキと同じように色素沈着が起きていたり、黒ずんでしまって自信を持って裸になれないという人もいますよね。
VIOを脱毛することで自己処理をしなくて済むようになりますので、色素沈着や黒ずみがなくなり毛穴の炎症などの肌トラブルも起こらなくなります。またデリケートゾーンは通気性が悪く、アンダーヘアが密集しているとムレや臭いも気になります。脱毛することで局部を清潔に保つことができ、生理時の不快感なども軽減されます。
何よりも、自分で処理をしなくていいことで無駄な怪我や肌トラブルが起きる必要がなくなるのがVIO脱毛の最大のメリットです。

デリケートな部分がツルツルだとみっともない?

VIOに限らず、脱毛が完了してしまえば将来毛が生えてくるということがほとんどありません。そのため一度VIO全てのムダ毛を無くしてしまうと、一生ツルツルの状態に成ってしまう可能性も。若いうちはムダ毛がない方がキレイだと思ってVIOのムダ毛を全て処理してしまう人もいますが、年を取ってから温泉などに行った時のことを考えてみるとどうでしょうか?20年、30年後もツルツルの状態だと少し恥ずかしいかもと考える人も多いです。
とはいえVIO脱毛は全てツルツルの状態になってしまうというわけでもありません。Vゾーンなどはたまご型や逆三角形など自分の好きなようにデザインして脱毛が可能です。将来のことを考えて、ある程度は生えている状態にしている女性がほとんどです。
ツルツルはちょっと、という人には完全に脱毛をせず、3〜4回通う程度にしてアンダーヘアの量全体を薄くするという方法もあります。
一度脱毛してしまうと毛が再生することはほとんどないので、VIOを脱毛する時は完全にムダ毛のない状態にしたいのか、毛量を減らしたいだけなのか、など、どういった状態にしたいかを考えてから施術を受けることをおすすめします。海外では年齢を問わずVIOのお手入れをしている女性は多いそうですが、日本では昔は脱毛が高かったこともあり、中年以上の女性はデリケートゾーンの脱毛をしている人は少ないです。しかしいずれ日本でも年齢問わずVIOのお手入れは当たり前といった時代が来るかもしれません。

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング