光脱毛について

VIO脱毛は医療レーザー脱毛よりも光脱毛が良い?

デリケートな部位だからこそ、脱毛方法は慎重に選びたい

手が届かない場所があったり絶対に怪我をしたくない場所でもあるために、自己処理すら少し不安を感じてしまうのがVIOのデリケートゾーンですよね。自己処理のデメリットはたくさんありますので、場所が場所だけにVIOこそプロの手に任せて脱毛してしまった方がその後の処理の楽さや仕上がりの良さに満足できるはず。

VIOライン

VIO脱毛は医療レーザーと光脱毛どちらがいいのかという話がよく挙がります。
永久的な脱毛ができる医療レーザーがよく、光脱毛は永久的ではないからまた生えてきてしまうという声もよく聞きますよね。確かに光脱毛はまだ永久脱毛として認められていないので、事実とも言えます。しかし双方のメリットとデメリットを見ると、VIO脱毛には光脱毛が向いているということがわかります。

光脱毛でVIO脱毛をする大きなメリットとは?

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は照射される光の出力が強いので光脱毛よりも短期間で脱毛の効果を感じることができます。しかし出力が高い分、痛みも激しく肌への負担も大きいです。医療レーザー脱毛は医療機関でしかできませんが、施術後に肌の炎症を抑える薬が出るのはそれだけ肌に負担をかけてしまう施術だからということがわかりますね。また自由診療扱いとなるために高額で、光脱毛の何倍もしてしまう場合がほとんどです。
確実に脱毛ができるとなっても、やけどの心配があったり痛みが強いのであれば途中で通うことを諦めてしまったり、肌に合わない場合はVIOのお手入れすらままならない状態になってしまうことも考えられます。

光脱毛

光脱毛はレーザー脱毛に比べると光の出力は低いです。そのため永久的な脱毛効果はまだ認められていませんが、だからといって効果がないわけではありません。光の出力を抑えられているけれど、レーザーよりも幅広い光の波長を照射することが可能なことからいろんな毛に効果を与えられるというメリットがあります。また、医療レーザーよりも肌に優しく光脱毛そのものの好作用として美肌効果もあります。
脱毛サロンで施術を受けられる脱毛方法で、医療免許も不要なため料金もとても安く施術が受けられるのがポイントです。
脱毛サロンの場合は処方箋が出せないのでその分施術前後の肌ケアは入念に行っています。
医療レーザー脱毛が肌ケアを全く行ってくれないというわけではありませんが、その施術前後のケアの充実度から考えると光脱毛の方が肌トラブルも少なくVIO脱毛が出来ると考えられます。
肌ケアはもちろん、何より痛みが少ないので通いやすく、脱毛が完了するまできちんと施術を受けられることからVIOの脱毛は光脱毛こそが向いていると言えるでしょう。

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング