医療レーザー脱毛のトラブルまとめ

医療レーザー脱毛でトラブルがある?

医療レーザー脱毛は医師の診断の下、レーザーを照射して脱毛ができるから事故などもなく安心だと思っている人は多いです。
確かに安心ですし、事故や肌荒れなどのトラブルも限りなく0には違いものの、実際には事故があったりトラブルを起こしてしまっている人もいるのです。
しかし、トラブルの大半は自らがクリニック選びを慎重に行い、脱毛施術後のアフターケアなどもきちんと行えば防げること。
ここでは、医療レーザー脱毛で起きたトラブルをまとめてみました。何も知らずに医療レーザー脱毛施術を適当に受けてしまえばトラブルに遭ってしまうこともあるかもしれません。どんなトラブルがあり、またどんな風にトラブルを予防すればいいのか、ということを今回は学びましょう。

医療レーザー脱毛でよくあるトラブル

医療レーザー脱毛は光脱毛に比べて出力が強いので、肌が弱い人にとっては刺激が強すぎることもあります。基本的には医師が診断をしてくれるので、肌に合わせた施術が可能ですがクリニック選びを誤ってしまったりセルフケアが十分にできていない場合はトラブルを起こしやすいです。

医療レーザー脱毛の照射漏れ
医療レーザー脱毛はレーザーを肌に照射することで、毛根部の黒色にレーザーを反応させて熱ダメージによって細胞を破壊する仕組み。つまりレーザーが照射されない部分はムダ毛が処理できません。
照射漏れはその名の通り、照射ができなかった部分があるということ。1回の照射で処理できる部分は限られているため、少しずつ場所をずらしながら照射していくものですが、それでも照射できなかった部分というのも存在します。
照射ができなかったところはムダ毛がそのまま残ってしまいます。多くのクリニックでは照射漏れが判明した場合は期間を設けて再照射を行ってくれるところもありますが、施術直後では気がつかないことも多いです。照射漏れが一切なく、完璧に処理するのは大変難しいことです。照射漏れのないようにしっかり行ってはもらえますが、それでも処理できていない部分が目立つ、ほとんど抜けていない、という場合は相談した方が良いでしょう。再照射してもらえる可能性は高いです。

医療レーザー脱毛で肌荒れ

医療レーザー脱毛でよくあるトラブルの1つに、肌荒れがあります。医療レーザー脱毛の施術をした後は肌がダメージを負っている状態ですが、そんな肌が弱っている状態なのに、いつも通りのスキンケアをしてしまったり肌をゴシゴシこすってしまったり、激しい運動をしたりサウナに入ったりして体に熱がこもってしまうことで肌の乾燥がひどくなることで、肌がカサカサになってしまいます。
肌荒れ程度で済めばまだセルフケアでも治せますが、肌荒れを放置してしまったり、肌が荒れているのにさらに肌に負担をかけるような生活をしていると次第に状態が悪化し、肌全体がシミになってしまったり跡として残ってしまうこともあるので注意が必要です。ぽろぽろと皮が剥けてしまったり痒みを感じてしまうこともあります。無理して皮を自分で剥いたり掻きむしってしまうと血が出てしまったり余計に跡になりやすくなるので、そのままにせずかならず医師の診断を仰ぎましょう。
肌荒れは医療レーザー脱毛の施術後は誰でも起こりやすいトラブルです。医療レーザー脱毛では、施術後には薬を塗ってもらえますが、これは肌荒れによる炎症を抑える薬でもあります。処方される薬も同じものであることが多いため、施術が終わってから数日は肌荒れや炎症防止のためにも薬をきちんと塗るようにしましょう。

医療レーザー脱毛で色素沈着

医療レーザー脱毛で起きてしまった肌荒れをそのままにしてしまったり、肌荒れが悪化してしまうと色素沈着になってしまうことがあります。
また、医療レーザー脱毛の施術をした後、肌が痒くなることがありますがそのまま掻いてしまったりすると、かさぶたができてしまうこともあります。かさぶたを無理にはがしてしまうようなことがあれば跡となり、紫外線を浴びて色素沈着化してしまうので気をつけましょう。
また、医療レーザー脱毛の施術の後は紫外線を浴びることは禁止されています。うっかり脱毛をしたからといって海に行ったりして強い紫外線を浴びるようなことがあれば、施術で受けたダメージが残る肌にさらに刺激を与えることになってしまいます。肌全体が色素沈着だらけということにもなりかねませんので、施術の後は特に肌の露出には気をつけるようにしましょう。

医療レーザー脱毛で毛嚢炎

毛嚢炎はニキビのようなもの。医療レーザー脱毛で顔や肌の柔らかい部分を脱毛すると起きやすいトラブルの1つです。
毛穴の中に雑菌が入り、化膿してしまった状態なので痛痒い感覚がある人が多いです。自己処理でも毛嚢炎ができてしまう人がいますが、医療レーザー脱毛でできる毛嚢炎は施術後に不衛生にしていることが原因となってしまうことがほとんどです。肌が弱っている状態で、汗をかいてそのままにしてしまったり不潔な手で触ったり、掻いたりしてしまうと毛穴に雑菌や汚れが入り炎症を起こしてしまいます。さらに化膿してしまうと痛みを伴う毛嚢炎となってしまいますので、脱毛後は肌を清潔にすることを心がけましょう。
また、毛嚢炎を放置すると跡になってしまったり、脱毛施術ができなくなってしまうこともあります。万が一できてしまった時は施術前に担当者に相談してみましょう。

医療レーザー脱毛で毛穴が開く

あまり考えたくありませんが、せっかくムダ毛がなくなっても毛穴が開いてしまうといったトラブルもあります。医療レーザー脱毛に限ったことではありませんが、出力の強い医療レーザー脱毛では、光脱毛よりも毛穴にダメージを与えてしまうことも多いです。
しかし実際には、施術で肌にダメージが加わって毛穴が開いてしまうというよりは、施術後の乾燥した肌をそのままにしてしまうことで次第に毛穴が開いてしまうということの方が多いようです。
特に施術後は肌が乾燥していますが、お手入れをほとんどせずに過ごしていると毛穴が開いてしまうということは多いです。毛穴が開きっぱなしになってしまうと、汚れが詰まりやすくなるのはもちろん広がった毛穴がそのうち垂れてきてしまうようになり、さらに目立ってしまいます。医療レーザー脱毛では、アフターケアでしっかりとした保湿までは行ってくれないこともありますが、その場合は自分できちんとケアをしてあげなければ美肌を手にすることはできません。

医療レーザー脱毛で火傷

昔はよくあるトラブルの中でも特に多かった火傷。今はあまり聞かなくなりましたが、だからといって可能性は0ではありません。最初の施術で火傷をしてしまった、という人はいまだにいます。
特に肌の色が濃い人や、日焼けをしている人、大きな黒子やシミがある人は施術の際にレーザーが反応しやすく、出力を間違ってしまうと火傷を起こしてしまうこともあります。これは施術を担当する人間がきちんと肌の状態を確認してから照射をすれば防止できることですので、そこまで心配することはありません。
とはいえ、人が原因なのでクリニック選びは慎重に行いたいものです。

返金、解約などのトラブル

肌トラブルとは違いますが、医療レーザー脱毛の契約をしてから「何か違うな」と感じた場合、解約をしたいと考えることもあると思います。
しかし一度契約をしてしまったら解約に応じてもらえなかったり、1年分の契約をしてしまったような場合は残りの施術分の返金をしてもらえないというお金のトラブルもあります。
脱毛は安くなったとはいえ、医療レーザー脱毛ともなるとまだまだ高いと感じる人も多いです。思い切って大金を支払ったのに返金してもらえなかった!ということにもなりかねませんので、返金や解約については契約前にきちんと話を聞いておくことをおすすめします。

医療レーザー脱毛でトラブルを起こしやすい人とは

医療レーザー脱毛はきちんと知識を持って臨めばトラブルが起きてしまう心配はほとんどありません。
では、トラブルを起こしやすい人はどういった人なのでしょうか。
医療レーザー脱毛で肌トラブルを起こしてしまいやすい人は、もともと肌が弱い人やセルフケアがきちんとできていない人です。普段からスキンケアをしていない人は肌が弱っていたり状態があまりよくない人が多いので、そのまま施術を受けてしまうと肌荒れを起こしたり乾燥がひどくなってしまうことがあります。
肌の色が濃い人や、日焼けをいつもしている人、すでに肌トラブルを起こしてしまっている人も、施術後のトラブルが起こりやすいので注意しましょう。
また、脱毛施術をプロに任せっきりの人や、言われたことを守れない人も後々セルフケア不足でトラブルを起こしてしまうこともありますよ。

もし医療レーザー脱毛でトラブルが起きたらどうする?

医療レーザー脱毛を行ってからトラブルが起きてしまったらどうしたらいいのでしょうか。まずはそのままにするのではなく、施術を受けたクリニックに連絡を入れましょう。直接クリニックに行くのも良いですが、脱毛施術と診察は別になっていることも多いので予約がなければずっと待たされてしまったり、その日は診察を受けられないかもしれません。
スムーズに診察をしてもらうためにも脱毛施術を受けてトラブルが起きてしまったことを伝えてからクリニックに行くようにしましょう。
また、施術中に痛みを感じたり肌の異変を感じたら我慢をせずにその場で伝えるようにしましょう。肌の状態をすぐに確認できる方が、クリニック側としても処置がしやすいです。肌の状態に合わせた薬も処方してもらえますので、少しおかしいなと感じたら施術中でも思い切って相談してみるとトラブルの防止にも繋がります。

医療レーザー脱毛でトラブルに遭わないためには

医療レーザー脱毛でのトラブルは未然に防げることがほとんど。施術によるトラブルも、クリニックをきちんと選ぶことで防ぐこともできるので「トラブルが多そうな医療レーザー脱毛は避けたほうがいいのかな?」というような心配は不要です。
例えば、医療レーザー脱毛の施術によって火傷や肌荒れは、技術に定評のあるクリニックを選んだり、セルフケアできちんと保湿をすることで防ぐことができます。
また、施術の後にスタッフに言われることや脱毛施術の後にやってはいけないことは絶対にやらない、処方された薬はきちんと塗る、薬の使用法と用量を守るといった基本的なことを守るだけでも肌トラブルは予防できます。
返金や解約といったお金に関してのトラブルは、カウンセリングの時点でかならず解決しておくことが、トラブルの防止につながります。
カウンセリングでは施術の話が多くなってしまいますが、契約の話はしてはいけないというわけではありません。実際に契約をしてお金を払うのは自分自身ですので、解約手続きや返金の有無など、万が一解約をする時はどうしたらい良いかということは必ず聞いておきましょう。
施術についての質問だけでなく、テスト照射やトラブル時の対応についても相談しておくことはできます。クリニック側もトラブルが起こらないようにしてくれてはいるものの、もしそうなった時は本当に対応してくれるのか、念には念を押す気持ちで聞いておいた方が無難です。
また、その時に快く対応してもらえればいいですが、不快な顔をしたり説明が不十分な時、説明をしてもらえないクリニックなどは契約は避けた方が良いでしょう。契約をしてもトラブルが起きてしまったり、きちんと対応をしてもらえないことが多いからです。

医療レーザー脱毛はクリニック選びとセルフケアが大事!

医療レーザー脱毛をトラブルなく成功させるには、まずは脱毛にはトラブルが絶対にないわけではないという意識を持つことが必要です。
また、クリニック選びとセルフケアを怠らないことであらゆるトラブルを予防することができます。医療レーザー脱毛ができるからといってクリニックはどこも同じというわけではありません。クリニックによって扱っている脱毛マシンも違えば対応も違います。中には医療レーザー脱毛を行ってはいけないのに、勝手にやってしまっているエステサロンなどもあるので、必ず医療行為を行える場所であるかどうかは確認しておくようにしましょう。
脱毛はプロにやってもらうことで仕上がりもよくきれいですが、だからといって自分で何もケアをしないのではなく、毎日の保湿などのセルフケアは必ず行うようにしましょう。そうすることで、肌トラブルを防げるだけでなく脱毛効果もアップします。仕上がりもさらにきれいになりますので、面倒がらずにケアを続けましょう。”

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング