乳首周りの脱毛

乳首周りの脱毛について

乳首周りのムダ毛の処理をする際に注意したいこと

場所が場所だけに人には聞けない乳首周りの脱毛。気にならない人は全く処理をしていないという人も多いのですが、一度気になりだすとどうにかしたいと思ってしまう場所でもあります。特にデリケートな部分なので、脱毛がしにくく処理方法にも細かい注意点があるのが難点です。
ムダ毛の自己処理としてはカミソリや毛抜き、除毛剤を使って処理をすることはできますが肌がデリケートなこともあり、乳首や胸周りに傷を作ってしまう人も少なくありません。そのため専門のプロに脱毛をしてもらう方が安心です。
脱毛方法としてはレーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛もどれも問題なく使用できます。しかしレーザー脱毛や光脱毛は、乳首のような色の濃い部分は照射できない場合もあります。やけどや炎症のリスクも考えられますので適切な照射ができるような信頼出来る医療機関での施術が望ましいでしょう。
またニードル脱毛は色素の濃さは関係なくどんな毛にも効果があります。痛みに耐えられるのであればニードル脱毛で処理をしてしまう方が効果的であると考えられます。

乳首周りの脱毛効果とリスク

乳首周りに無駄な毛がないと「パートナーと一緒に過ごす時でも気楽」という声や「友達同士で温泉に行くときに気にならない」「見た目がきれいになった」といった至近距離で見られても気にせずに済むというメリットがあります。また胸周りの肌は日焼けをしていることがあまりない人が多いですし肌そのものももとからきれいなことが多く、ムダ毛がないことでよりいっそうきれいに見えることでしょう。
ただし乳首周りを脱毛することで毛穴のまわりが赤みを帯びてしまったり炎症が起きてしまう場合があります。もともと弱い部分でもあるので、他の場所は大丈夫という人でも乳首周りは違うという場合もあります。トラブルのリスクが多少高いのが難点ですね。

どんな格好で乳首周りを脱毛するの?

基本的には乳首周りだけを出して施術してもらうことはなく、上半身裸の状態で処理をすることが多いようです。もちろん乳首以外の部分はタオルをかけたり、ガウンで隠したりと気遣ってくれるサロンやクリニックはあるものの、下着はつけない状態で施術をします。
また、乳首周りだけを脱毛するという人よりは、全身脱毛や上半身の脱毛の際に乳首も選んで脱毛をしているという人が多く、全身脱毛の際にはほぼ全裸の状態で乳首周りの脱毛をする場合もあります。

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング