脱毛サロンでガンの確率を上げるのか

脱毛サロンの光の力は、ガンになる確率が上がるって本当?

光脱毛の光は赤外線に近いので、ガンになる確率が上がることはほとんどない

脱毛サロンで光脱毛の施術を受けてもガンになるリスクが高まるということはありません。というのも皮膚ガンの主な原因は紫外線です。光脱毛で使用されている光はどちらかというと赤外線の波長に似ているので、そもそもガンの原因となる紫外線とは光の種類が違うと言われています。そのため光脱毛の施術を受けてもガンになりやすいというようなことはないといえます。光脱毛でガンになるより、光脱毛をした後に気にせず日焼けをしてしまったがためにガンになる可能性の方が高いのではないでしょうか。
しかし場所によってはガンになる確率が絶対にゼロというわけではない部分もあります。それはほくろや濃いシミがある部分です。ほくろや濃いシミがある部分に光を照射することでそれが刺激になり、皮膚ガンに進行してしまう可能性はあるそうです。確率としては非常に低いものですが、絶対にない!というわけではないので不安になってしまいますよね。ほくろや濃いシミ以外にも、日焼けやアザ、傷、かさぶた、そばかすなどには照射してはいけないとされているサロンは多く、その理由がおそらくガンや何かしらの炎症を起こしてしまう可能性があるからといえます。
とはいえほとんどのサロンでほくろには光が当たらないようにシールや保護カバーで守ってくれたり、ほくろや濃いシミに刺激にならないように出力を抑えて照射をしてくれますのでそこまで細かく心配をする必要はないのですが、どうしても気になるという場合は前もってほくろがある部分を伝え、光を当てないようにしてもらう方がいいでしょう。
光脱毛でガンになる確率が上がることはないとはいえ、適当に照射するようなサロンでは不安が残りますので、自分が信頼できて、施術内容にも納得ができるサロンで施術を受けることをおすすめします。

どうしても皮膚ガンになるのが心配だという人のために

脱毛サロンで行われている光脱毛でガンになってしまう可能性があるのなら、もう脱毛ができないんじゃないかと心配する人も出てくるかもしれません。確かに、光脱毛の施術でガンになる確率が上がることはないとはいっても一度心配になってしまえば、どこで脱毛をしたらいいのか迷ってしまうのも仕方がありません。本当に、限りなく0%に近いとしても完全にガンになる可能性が0%じゃないと嫌だというのであれば光脱毛は諦め、医療機関で医師の下で医療レーザー脱毛を受けるという選択肢もあります。
そこまで心配ではないけれど、安易に施術を受けてガンになりたくないと思うのであれば、限りなく出力の弱い、肌に優しい脱毛を心がけているサロンで、なおかつほくろやシミなど色の濃い部分にはシールなどで絶対に光が当たらないように保護してくれるところを選ぶといいでしょう。
万が一、光脱毛の施術を受けた後にほくろが変形してきたり、違和感を覚えた場合はガンでないとしても専門医に診てもらうと安心です。

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング