医療レーザー脱毛の効果

臭いが改善される効果

春先になってくると、脇の臭いが気になってきます。とある調査機関の調査によると、医療レーザー脱毛を行うことで、軽いワキガのような匂いであれば治ると言う報告があるそうです。これは非常に意外ですね。汗には、脱毛を行っても影響はほとんどないと言われています。それがなぜ臭いの改善となっているのでしょうか?

ワキガが治っているのではない?

実は、このワキガのような臭いが治ると言う結果はワキガが治っているわけではありません。光のような臭いが直っているというだけなのです。違いがわかるでしょうか?ワキガは完全に治療が必要と言って良いでしょう。しかしワキガのような臭いがするけれども、ワキガでは無い方という方がいらっしゃいます。この方々は、ただ脇の臭いが通常よりも少々きついだけで、ワキガ程もひどくもないのです。
そのため医療レーザー脱毛を行うことで、わき毛がなくなり脇の下にいる、菌が少なくなり匂いが改善されるのです。この改善の効果が、医療レーザー脱毛を行うことでワキの臭いが治るというふうに言われているようです。

光脱毛よりも医療レーザー脱毛の方が臭いに効くのか?

しかし、なぜ光脱毛ではなく医療レーザー脱毛で臭いが治ると言われているのでしょうか?それは医療レーザー脱毛による即効性にあると思われます。
光脱毛は、施術を開始してから数回のミスを重ねなければ効果がほとんど見られません。一度や二度、施術をしたからといって効果がすぐに現れるものでは無いのです。そのため、光脱毛を暑くなる季節に行い始めても、暑さが止むまでには完了しません。しかし、医療レーザー脱毛の場合は、数回の施術で効果が現れます。光脱毛よりも早い段階で効果が現れるため、臭いに関する効果も比較的早く現れてくるのです。しかも、医療レーザー脱毛を行った場合は、クリニックで行うため軟膏をもらえることがあります。アフターケア用の軟膏がもらえるのです。クリニックでもらう何個にはやや先の効果もあるようでそれも臭いの改善となっているようです。
こう考えると、春先から始めるのであれば医療レーザー脱毛のほうがより即効性があり色々な事に効果的であると言えるでしょう。

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング