レーザー脱毛の痛み

レーザー脱毛を痛いと感じる

レーザー脱毛はどのぐらい痛いのか

ムダ毛を脱毛しようと考えると、脱毛サロンやクリニックのホームページを見たり脱毛方法を調べますよね。その時にぶつかる壁が「レーザー脱毛と光脱毛どちらにしようかな?」というもの。特にレーザー脱毛は痛い!といった声が多いので、痛みに弱いと考えている人や脱毛なのに痛いなんて嫌という人は敬遠しがち。ではレーザー脱毛の痛みはどのぐらい痛いものなのでしょうか?
答えを先に言ってしまえば、「輪ゴムで弾かれる程度の痛みではない」レベルです。クリニックの公式ページには輪ゴムでパチンと弾かれる程度と書かれていることが多いですよね。しかしその程度なら誰でも我慢できる痛みですので、口コミなどにも「痛い!」と書く必要はないはずです。にもかかわらず痛いという声が多いのは、それ以上に痛いからなのです。

レーザー脱毛をなるべく痛いと感じないようにするためには

レーザー脱毛で痛いと感じないようにするためにはいくつかコツがあります。レーザーは毛根のメラニン色素に反応するため、最初はたくさんの色素に反応して痛いけれど、ムダ毛が減っていくと同時に色素もなくなっていくので痛みが軽減される人は多いです。痛いけれど、何度か通えば我慢できる程度にはなると考えられますね。次に、十分に冷却してから照射をしてもらうと痛みを感じにくいです。レーザー脱毛機器の中には冷却ガスで肌を冷やしながらレーザーを照射するタイプのものもあります。照射前にきちんと冷やして、さらに脱毛機からも常に肌を冷やしての施術であればそこまで強い痛みを感じることもありません。
日焼けをしないようにしたり、クリニックで麻酔薬や鎮痛剤を処方してもらうなどすればさらに痛みは軽減されますが、そこまでして脱毛をする意味ってあるのかなと考える人も多いようです。脱毛の効果は高いにしても、毎回痛みを我慢するために準備が必要だと思うと少々大変です。

レーザー脱毛みたいに痛いのは嫌!という人は光脱毛がおすすめ!

レーザー脱毛は痛い、痛いのは絶対に嫌!という人は、最初から光脱毛がおすすめです。レーザー脱毛に比べると効果が出るまで時間がかかるとはいえ、光脱毛の方がレーザー脱毛に比べて光の出力も低いので痛みは少なく、広範囲に照射が可能でありいろんな毛に対応ができます。痛みに耐えられずにクリニックに通うことができないのでは脱毛の意味がありません。我慢できそうになければ思い切って光脱毛にしてしまう方が良いでしょう。光脱毛での痛みは全くないとは言えませんが、ほとんど痛みを感じないという人の方が圧倒的に多いのです。”

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング