口コミからみた医療レーザー脱毛のトラブルまとめ

口コミからみた医療レーザー脱毛のトラブルまとめ

医療レーザー脱毛でトラブルにあった人はどのぐらいいる?

医療レーザー脱毛に興味はあるけれど、医療行為だと副作用や失敗が心配、何かトラブルに巻き込まれたりしないかな?と不安も同時に感じてしまう人も多いようです。
医療レーザー脱毛の脱毛効果は高いものの、トラブルへの不安から契約に踏み切れなかったり、脱毛効果の低い光脱毛で済ませてしまう人も少なくありません。せっかく脱毛効果の高い医療レーザー脱毛。効果があるのにトラブルが怖いからと施術を受けないのはもったいない話です。
医療レーザー脱毛をして実際にトラブルにあった人はそれほど多くはありませんが、万が一トラブルにあってしまった時は対応が遅れてしまうため、大事になってしまうこともあります。
そこで今回は医療レーザー脱毛でよくあるトラブルを口コミからチェックしてみましょう。
今まで医療レーザー脱毛を行った人がどんなトラブルにあっているかがわかると自然とトラブルを防ぐことができます。

医療レーザー脱毛の副作用や失敗談を口コミからチェック!

医療レーザー脱毛でどんなトラブルを起こしている人がいるのか、口コミからチェックしてみましょう。医療レーザー脱毛は光脱毛に比べて出力が高いため、肌が弱い人にとってはトラブルも起きやすいと思われがちですが、実際は肌が弱いかどうかはあまり関係がありません。
施術前の肌の状態と、施術する側の問題でかなり状況が変わってくることもあるのです。

肌が赤くなって痒みが発生!?

肌が赤くなって痒みが発生!?医療レーザー脱毛でムダ毛がなくなる仕組みといえば、レーザーを当てることでムダ毛の黒い部分に反応し、熱ダメージを与えて毛を生成する細胞を破壊するというもの。
そのためなんとなく熱い痛みを感じる人も多いです。レーザーを照射した後は肌が赤くなり、熱がこもるので痒みを感じる人も少なくありません。
特に肌が刺激に弱い状態である場合、無理にレーザーでダメージを与えてしまうと肌が乾燥してしまい余計に痒みを感じたり、赤みがなかなか引かないこともあります。
施術後は看護師が炎症を止める薬を塗ってくれることがほとんどですが、「数日薬を塗っても赤みが引かず、そのままシミになってしまった」という事例もありますので赤みが数日経っても消えない場合はすぐにクリニックに連絡を入れましょう。
「施術直後は肌がしばらく赤かった」という人でも、「自宅でも冷やしていたら赤みはひき、痒くなくなった」ということもあります。基本的には赤みはその日には引きますので、気になるようであれば自宅でもしっかりと冷やすようにしてください。
また、痒みを感じても無理やり搔き壊したりすることのないようにしましょう。

火傷や肌荒れを起こしてしまった

医療レーザー脱毛の施術は医師が事前に肌の状態をチェックしてからレーザーの出力を決めることが多いのですが、レーザーの出力が強すぎたり、肌の色が濃いことで火傷や肌荒れを起こしてしまうこともあります。
「日焼けをした後に脱毛したら肌がヒリヒリになった」「脱毛後は肌荒れがひどくかさかさに」という口コミもあります。これはレーザーの出力が強すぎた、ということもありますがそれよりも施術前に日焼けをしてしまったり肌荒れを起こしてしまっていることが原因です。レーザーによりさらに肌がダメージを与えられてしまった状態のため、肌荒れがひどくなったり火傷状態になってしまうのです。
一度火傷やひどい肌荒れを起こしてしまうと「治るまでは次の施術はできなかった」「施術1回分、肌荒れのため延期になった」という口コミ通り施術ができなくなってしまうということもあるので気をつけましょう。

毛嚢炎には要注意!

毛嚢炎はニキビと同じようなもので、毛穴に雑菌が入り込んでしまうことで炎症を起こしてしまう状態をいいます。口コミでは「脱毛した部分にニキビが大量にできてしまった」「毛嚢炎ができて痛痒くてしばらくは大変だった」といった内容のものをよく見かけます。特に「ワキに毛嚢炎ができて辛かった」「デリケートゾーンのニキビは治るまでかなり時間がかかった」という口コミもあります。場所によって毛嚢炎もできやすいところとできにくいところがありますが、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすいところが特に毛嚢炎が起こりやすいので注意が必要です。
また、「清潔にしていたのに毛嚢炎ができた」という口コミもあります。不潔にしてしまうよりはまだ良いですが、たとえきれいに洗っていても、清潔を心がけていてもちょっとした刺激で毛嚢炎はできてしまうことがあります。もともとニキビができやすい人や、汗をかいたら放置してしまいがちな人など雑菌が繁殖しやすい状況下におかれることが多い場合は気をつけるようにしましょう。
毛嚢炎が心配だからと毎日スクラブのようなものでゴシゴシ洗ってしまうと「毛嚢炎がひどくなり血が出てしまった」「ニキビが潰れて跡になってしまった」ということにもなりかねません。できるだけ優しく洗うようにしましょう。

照射漏れ?脱毛効果がなかった

医療レーザー脱毛は脱毛効果は高いものの、人による照射なので照射漏れがある場合もあります。
「脱毛できたところとできていないところがある」「照射漏れで毛がまだらになった」という口コミもあります。クリニックによっては照射漏れがあった場合は無料で再照射を行ってくれることもありますが、期間が決められていることが多いです。照射漏れに気づいた時はなるべく早く連絡をするようにしたほうが良いでしょう。
また、施術前にきちんと肌の調子を診てもらえなかったことで出力が十分ではなかったためにきちんとムダ毛を処理できなかったという場合もあります。
いずれにせよ照射漏れの場合はもう一度照射することで改善できます。毛が生えてきてから「まだらになっている」と感じた場合は次回の施術の時に照射漏れがあったことを告げ、ムラなく照射してもらうように話したほうが良いでしょう。

汗が大量に出るようになった

汗が大量に出るようになった脱毛経験者が勘違いしてしまいがちなトラブルがこちら。「脱毛をしてから汗がたくさん出るようになってしまった」「施術跡の脇汗がひどい」という口コミはよく見かけます。
脱毛をすると汗が増えたと感じる人は多いのですが、実際にはムダ毛がなくなったことで汗を肌で感じやすくなったというほうが正しいこともあります。
今までは汗が出てもムダ毛が食い止めていてくれたり、ムダ毛そのものが体温を調節していてくれました。しかしムダ毛を脱毛してしまうことで、毛穴から汗が出ればそのまま肌に触れることになってしまうので、いつもよりも汗が出ているように感じてしまうのです。
また、体がムダ毛がない状態になれていないうちは体温調節が難しく、汗が出やすくなることはあります。いずれは慣れるものなので、制汗剤を駆使して脇汗などは防ぐようにしましょう。
また、「脱毛をしたらワキガ臭くなってしまった」という人もみかけますが、この場合は汗をかいたらそのままにしていることが原因である場合が多いです。脱毛後は肌に汗が残りやすくなるので、汗をかいたらこまめに拭いて清潔を心がけてくださいね。

解約したのに返金してもらえない!

解約したのに返金してもらえない!医療レーザー脱毛では、肌トラブル以外にもトラブルが起きてしまったという口コミもあります。少数ではありますが、「解約をした時に返金してもらえなかった」「合わなくてやめたかったのにお金はまるまる損してしまった」という口コミを見かけます。
医療レーザー脱毛の施術は安くなったとはいえ、1回の契約に10万円以上かかることも多いです。解約手数料を取られてしまったり、返金保証のないクリニックで契約をしてしまうことで、金銭的なトラブルに遭ってしまう人もいるのです。
これらのトラブルを避けるためには、カウンセリングの時点で契約や料金についてきちんと話し合うことです。カウンセリングは無料で行ってもらえるので、契約についてわからないことがあれば必ず聞いておきましょう。その際にきちんと答えてもらえれば安心して契約ができますし、たどたどしかったりまともに答えてもらえない場合はどんなに評価が高いクリニックでも契約は避けたほうが良いでしょう。
「口コミだけで判断してしまったけれど、脱毛効果が全くない上にお金も戻ってこなかった」という口コミもあります。周りがどんなに評価をしていても、自分が安心して契約できるクリニックでなければ安易に契約をしてしまわないほうが良いでしょう。

スタッフと揉めてしまった

医療レーザー脱毛の施術をしてくれる人はもちろん、肌の状態を診てくれる医師、受付やスタッフなどみんな人間です。なんとなく合わないなと感じてしまう人もいるかもしれません。
しかし「雰囲気がいまいちでスタッフも喧嘩腰で嫌なことばかりだった」「ついついスタッフに怒ってしまった」「クレームを入れた」という口コミがある通り、スタッフやクリニック側と揉めてしまうというトラブルもあります。
なんとなくでも自分にとって合わないなと感じた場合は無理に契約を続けるのではなく、自分に合うクリニックを探しなおしたほうが良い場合もあります。
また、マニュアルがしっかりしているクリニックは一定の接客レベルであることも多いので、「なんとなく人によって対応が違った」ということも少ないはずです。最低限のマナーがあれば接客はそれでいいという場合は、大手で店舗数も多いクリニックにすると対応がマニュアル化されている場合が多いのでおすすめですよ。

医療レーザー脱毛は施術前後に気をつけよう!

医療レーザー脱毛でのトラブルを防止するには、施術前後の振る舞いに気をつけることです。スタッフに言われた通りに過ごすだけでもだいぶ違います。

赤みが引くまで必ず肌は冷やすこと

万が一赤みが出てしまっても焦らずにまずは冷やしましょう。施術後はクリニック側でも冷やしてくれますが、帰宅してからまだ赤みが引かないという場合は保冷剤などを軽く当てて肌を冷やすようにすると次第に赤みが引いていきます。また、炎症を止める薬を処方された場合は、赤みが引かなくても時間がきたら塗るようにしましょう。特に指示がない限りは薬は言われた通りに使うのが一番です。

日焼けや激しい運動、肌をこすることは絶対にしない

施術後に激しい運動をしてしまったり日焼けをすると肌荒れを起こしやすいです。また、肌荒れがひどくなったり最悪シミや色素沈着にもなってしまうので、脱毛期間中は施術の前後関係なく日焼けを徹底的に防ぐようにするとトラブルを避けることができます。特に施術前に日焼けをしてしまうと施術ができない都いうトラブルがおきてしまうので、脱毛を決めたのなら1年は日焼けはできないと考えておいたほうが良いでしょう。

保湿を心がけることでトラブルは防げる

施術前後に特に心がけたいのは肌の保湿です。肌の保湿をすることで乾燥を防ぎ、レーザーによる肌のダメージを最小限に抑えることができます。
また施術後は肌が乾燥しがちですが、その乾燥によって肌トラブルが引き起こされてしまうことも多いです。そのため肌トラブル防止のために、乾燥には気をつけ化粧水などで肌を保湿してあげると赤みやかゆみ、肌荒れといったトラブルを未然に防ぐことができるはずです。

トラブルは誰にでも起こりうること

トラブルは誰にでも起こりうることいかがでしたでしょうか。医療レーザー脱毛によるトラブルは誰にでも起こりうることですが、トラブルが起こる可能性を最低限に抑えるには、自分の行動とクリニック選びにかかっています。
特にクリニック選びを慎重に行うことで、施術によるトラブルはほぼ防ぐことができます。医療レーザー脱毛ができるからといってどこも同じとは限りません。口コミだけでなく通いやすさや自分の理想通りの脱毛ができるかなど、総合的に判断をして安心して体を任せられるクリニックで医療レーザー脱毛を行うようにしましょう。
また、万が一トラブルがおきてしまった時は自分一人で解決しようとせず、まずはクリニックに連絡を入れましょう。トラブル解決事例が多いクリニックや、何かあったらすぐに対応をしてくれるクリニックを選んでおくと万が一の時も安心ですね。
また、医療レーザー脱毛も日々進化しています。昔は多かった火傷などのトラブルも今はほぼないと言ってもいいでしょう。施術前後は自分でもある程度気をつけるということを念頭においていれば、それほどトラブルを心配することもありません。

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング