医療レーザー脱毛の施術で毛がなくなるメカニズム

医療レーザー脱毛をするとどうして毛が生えなくなるの?

脱毛効果が高いと言われている医療レーザー脱毛。永久脱毛をするのなら光では不十分で、レーザーの方が望ましいとはよく言われていますよね。
一見、レーザーを照射しているだけで光脱毛とはほぼ変わらないような気もするのですが、どうして医療レーザー脱毛をするとムダ毛が生えなくなってくるのでしょうか。

医療レーザー脱毛のメカニズム

実は医療レーザー脱毛のメカニズムは光脱毛と同じようなものだったりするんです。
扱っているのは医療用レーザーですが、こちらのレーザーは黒い色のものに反応します。

肌の表面からレーザーを照射することで、毛根にレーザーが反応し、熱ダメージを与えます。ダメージを与えられた毛根とその周りの細胞は破壊され、毛を生成することができなくなってしまいます。
結果的にムダ毛が生えるということがなくなるのです。
黒い色に反応するということは、毛以外のものでも黒ければ反応してしまうということになります。
そのため脱毛時に日焼けが断られていたり、大きなシミやほくろがある際はあらかじめスタッフに話しておいた方がいいのです。
うっかりほくろやシミにレーザーが反応してしまえば、やけどの原因となってしまいますからね。

また、事前にシェービングをせずにムダ毛が肌の外に出てしまっている状態だと、肌表面でムダ毛が焦げてしまうのでやけどにつながるだけでなく、毛根にきちんとレーザーを反応させられないため脱毛効果が鈍ってしまいます。
そのため医療レーザー脱毛を受ける際は必ず事前のシェービングを忘れないようにしましょう。

光脱毛とは光かレーザーの違いだけ?

光脱毛も黒い色に反応する光を利用した脱毛法ですので、一見効果も同じのように思えてしまいます。しかし実際には出力が違うので、脱毛効果も光脱毛と医療レーザー脱毛では大きな違いが出てしまうのです。
特に医療レーザー脱毛の方は出力が高いので、反応する毛もそれだけ多くなります。そのため一回の脱毛施術で処理できる毛の量も多くなるため、数回の施術でもきちんと処理されていることがわかるはずです。

また、医療レーザー脱毛は技術がきちんと認められた人間しか扱うことができないマシンを使って施術を行います。そのため脱毛サロンのように打ち漏れなどがなく、プロがしっかりと丁寧に施術を行ってくれるため、失敗がほとんどないというのも魅力です。

基本的には医療レーザー脱毛は黒い色に反応するレーザーを使って毛根にダメージを与えるといったメカニズムではあるものの、似たような光脱毛に比べればはるかに脱毛効果を感じられる人の多い、人気の脱毛法でもあるのです。

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング