レーザー脱毛の肌への影響

医療レーザー脱毛の光は身体へ影響があるのか?

医療レーザー脱毛は身体に悪い!?

医療レーザー脱毛は「脱毛効果がある!」という声が多いですが、「身体に悪い」という声もよく聞きます。特に、「レーザーが内蔵に影響を与える」「皮膚ガンになりやすい」というもの。レーザーというとなんとなく痛そうだったり、身体にあまり良くないのではないかと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。
確かに毛根を破壊するほどの力を持つレーザーですので、それが肌に当たれば影響もありそうですが、実際に脱毛に使われているレーザーは肌の表面から5ミリ程度までしか届かないようになっていますので、内蔵に影響を与えることはまずありません。また、皮膚ガンの原因になる光は紫外線です。レーザーは赤外線〜可視光線の範囲に近いので、ガンになる心配はありません。どちらかというと脱毛後に紫外線を浴びてしまう方がガンになる可能性は高いのです。
医療レーザー脱毛の仕組みを理解することで、身体への影響や事故などの不安は解消させることができるでしょう。

医療レーザー脱毛での事故による身体への影響

医療レーザー脱毛を行うことによって、ヤケドや肌トラブルの心配をする人も多いですよね。確かに医療レーザー脱毛はヤケドや肌トラブルが絶対に起きないというわけではありません。中には肌がヤケドのような状態になってしまったり、肌トラブルを起こしてしまう人もいます。しかし、脱毛後の過ごし方が原因で肌トラブルを起こしてしまう場合もあります。
医療レーザー脱毛において、いきなり出力を上げて照射をするようなことはありません。最初は出力も弱い状態で照射を始め、肌の状態や痛みの様子を見てから少しずつ出力を上げていくので「いきなりヤケドしてしまった!」ということは考えられないため、安心して大丈夫です。

心配な点があればカウンセリング時に相談してみよう

どれだけ影響はないと言われても、心配なものは心配!という人は、カウンセリング時にきちんと相談して不安を解消させる方がいいでしょう。クリニックでは脱毛の施術前にカウンセリングを行っています。ここでは契約するコースの話をするだけではなく、脱毛に関する不安を解消する場でもあるのです。
不安な気持ちを持ったまま脱毛を始めてしまうと、精神的な影響により痛みを強く感じてしまうことも。また、毎回の脱毛がストレスになり、脱毛効果があまり出ない可能性もあるのです。不安を抱えたままでいるよりは、安心した状態で施術が受けられる方が自分にとってもスタッフにとっても気持ちの良いものだと思います。

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング