レーザー脱毛の副作用

レーザー脱毛って身体に良くないの?

レーザー脱毛と聞くと、身体にレーザーを照射するわけだから体調が悪くなったり皮膚ガンになったりすることがあるんじゃないかと心配になる人も少なくありません。レーザーは赤外線なので皮膚ガンを引き起こす原因となる紫外線とは性質が違います。そのため皮膚ガンになるという心配は一切無用ですが、ムダ毛がきれいになくなっても万が一副作用に一生苦しめられるのであれば意味がなくなってしまいますよね。
結論から言ってしまえば、レーザー脱毛をすることによる副作用というものはありませんので安心して照射を受けてください。
ただし、注意しなければいけないことはいくつかあります。レーザー脱毛はクリニックなどの医療機関でのみ施術できる脱毛方法ですので安全性は高いですが安全だから何も考えずに施術を受けていいわけでもないのです。

レーザー脱毛による副作用はどんなもの?

レーザー脱毛をすることにより皮膚ガンなどの病気になる副作用の心配はありませんが、火傷や色素沈着といった肌のトラブルは100パーセントないとは言い切れないのが現状です。レーザー脱毛を受ける際は必ず、レーザーの光を受けることによる肌へのダメージ、それに伴う肌のトラブルについて説明を受けます。肌トラブルについては絶対に安心というものはありませんし、安心だから心配ないと説明するようなクリニックは危険ですのでやめておいたほうが無難です。
レーザーで毛根に熱を与えて細胞を破壊するわけですから、毛根の周りや直接照射されている肌に全くダメージがないということは考えられません。人によっては照射当日赤みがひかず、ヒリヒリしてしまうという人もいますが肌の弱い人や自覚症状がある人は早めにスタッフに伝えましょう。医療機関なだけあって皮膚科医がきちんと肌トラブルには対応してくれるところが多いです。
また、脱毛により毛がなくなることで汗を止める機能がなくなってしまいます。そのため脱毛を経験した人は、汗をかきやすくなったと勘違いしてしまう人が多いです。今までムダ毛が汗を止めていてくれただけですのでその毛がなくなれば汗が止まらなくなるのは当然のこと。心配は要りません。

レーザー脱毛で体内に悪い影響が出ることはありません

妊娠中や搾乳中のレーザー脱毛は断られることが多いのですが、これは赤ちゃんに影響があるという理由ではないのです。
ホルモンバランスが乱れていると脱毛の効果が出にくくなってしまうというのが大きな理由です。脱毛は毛の周期や生理の周期に合わせて処理を行っていますので、妊娠中や搾乳中など、特にホルモンバランスが不安定な状態のときに脱毛を行っても意味がなくなってしまうのです。
副作用やトラブルなく脱毛を行うためにもきちんとカウンセリングを受け、医療機関との信頼関係を築いてください。特に美容外科や美容皮膚科など、医療機関でなおかつ脱毛時の肌への対応に慣れているクリニックですと安心して施術を受けられることでしょう。

>> 医療レーザー脱毛の口コミやランキングはTOPへ

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング