違いはあるのか

皮膚科病院での脱毛と美容クリニックでの脱毛は違うのか?

皮膚の疾患を治す病院か、美肌を作るクリニックか

医療脱毛ができる機関といえば、皮膚科病院や美容クリニックですが、これらに違いはあるのでしょうか。
結論から言えば、脱毛そのものにはほとんど違いはありません。しかし皮膚科が主にニキビや湿疹の治療やホクロの除去など皮膚の疾患を治す機関だということに対し、美容クリニックは肌のトラブルを改善したり、肌そのものがキレイになるような治療をする機関です。そのため脱毛はどちらの機関でも可能ですが、美肌を作るという点で優れているのは美容クリニックのため、脱毛の仕上がりを重視したり、ムダ毛の処理以前に肌をキレイにしたいという気持ちが強い人は美容クリニックの方が向いています。
反対に、脱毛をしたいけれど肌が敏感で心配だという人や、脱毛したい部分が炎症を起こしている人は皮膚科病院で医師と相談しながら脱毛治療を行っていくほうがトラブルも少ないでしょう。

皮膚科病院や美容クリニックによって使用している脱毛マシンが違う!

皮膚科病院も美容クリニックもどちらも医療レーザー脱毛ができる機関ですが、皮膚科病院はこの脱毛マシン、美容クリニックはこの脱毛マシン、というように決まっているわけではありません。医療レーザー脱毛ならどのマシンも全て効果は同じというわけでもなく、やはり最新のものの方が痛みも少なく効果も高いことは多いです。
また、医療レーザーにも種類があります。主に日本の医療機関で使用されているレーザーはダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの2種類ですが、照射範囲が広く美肌効果があるものから、肌に優しく産毛にも効果があるもの、火傷の可能性が少なく、日焼けした肌にもできるものなど様々です。もちろんメリットだけでなくデメリットもありますので、自分の肌や希望の脱毛効果に合わせて脱毛マシンを選んでいくといいでしょう。

知識が豊富な医師やスタッフがいるかどうか

皮膚科病院でも美容クリニックでも脱毛そのものにはほとんど違いはありませんが、脱毛マシンの違いや医師やスタッフの知識の豊富さによっても脱毛効果が左右されます。皮膚科病院だからみんな皮膚の疾患に詳しいというわけではなく、美容クリニックにも皮膚の疾患に詳しい医師やスタッフはもちろん存在します。自分が行こうとしている皮膚科病院、あるいは美容クリニックにどれだけ専門的な知識を持っている人間がいるかどうかによっても脱毛効果が変わってくるのです。
専門知識が豊富な医師やスタッフばかりであれば、美肌を作るためのアドバイスはもちろん、万が一施術で肌トラブルを起こしてしまった時もすぐに適切な処置をしてもらえるので安心です。

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング