全身脱毛施術前日の注意事項

全身脱毛の効果を存分に得るためにも準備が必要

脱毛日の当日、脱毛サロンでは必要なものは貸し出してくれるところが多いので身軽な状態で通うことができますが、脱毛効果を存分に得るためにも前日に準備しておかなければならないこともあります。脱毛効果を得るだけでなく、施術そのものをきちんと受けるためにも必要なことになりますので「サロンが用意してくれるからいいや」と思わずにしっかり準備をしましょう。全部用意してくれるから気楽でいいというのももちろん良いことなのですが、準備不足だったがために別途料金を支払うはめになったという人がいるのも事実です。

全身脱毛 施術前には必ずシェービングを!

基本的には施術前に自分で脱毛箇所は処理しておかなければなりません。当日に処理をしていなかったりするだけで施術を受けられなかったり、サロンで処理はしてくれるけれど別途料金を取られたり、シェーバーを購入しなければいけない場合もあります。光脱毛やレーザー脱毛では、脱毛してくれるんだからそのまま行ってもいいということは絶対にありません。
ワキや手足などは自分で処理できますが、背中やデリケートゾーンは自分でできる範囲が限られています。自分で処理ができないところはサロンにお任せしてしたほうが無難です。お金がかかるかもしれないと無理して処理をしても怪我に繋がりますし、結局怪我をしたところは施術を受けられなくなってしまいます。
事前にどこまで自己処理を済ませておけばいいかは各サロンの公式サイトや、契約時にスタッフから説明があるはず。もし何も教えてくれなかったというのであれば施術前に電話などで聞いておきましょう。
施術前にしていい自己処理は必ずシェービングだけにしてください。毛抜きを使っての処理では照射時の光が反応する毛根そのものがなくなってしまい脱毛効果を得られなくなってしまいます。また、カミソリの使用もできる限り避けたほうがいいでしょう。肌に細かな傷がついてしまいますし色素沈着の原因にもなります。できれば電気シェーバーで処理をしておくと安心して施術が受けられます。

>> 全身脱毛について詳細はTOPから

施術時に後悔しないために、絶対にしてはいけないこと

脱毛の照射後にも言えることですが、日焼けは厳禁です。なぜなら日焼けをすると肌が黒くなりますよね。光脱毛で照射される光は黒色に反応します。肌が黒くなってしまっていればそれだけ皮膚にも反応してしまいます。ムダ毛のメラニン色素だけに反応して毛根を破壊してくれるならいいのですが、大切なお肌にまで光が当たればその後の肌のダメージは想像を超えるものとなるでしょう。
脱毛サロンでは日焼けをしてしまった場合施術をお断りされてしまうところがほとんどです。大きなホクロなどは照射時に光が当たらないようにしてくれますが、日焼けとなると肌全体になってしまいますのでサロン側も対応ができません。全身脱毛ともなれば全身日焼けに注意しなければなりませんが、当日に施術を断れることを考え、日差しが強い場所に行かないようにしたり日焼け止めを塗るなどしてお肌の状態をできる限り良い状態に保ってくださいね。

  • 医療レーザー脱毛専用、クリニックランキング
  • 全身脱毛サロンランキング